11円電子コミックで印税1.3億円

電子コミック販売サイト「マンガonWeb」や電子書籍取次サービス「電書バト」などを運営するマンガ家の佐藤秀峰さんは、2月に電書バトが実施した、電子コミック131冊を各11円で販売するセールの効果で、2月の売り上げ総額が3億円を超えたことを明らかにしたそうだ。
セールは「楽天Kobo電子書籍ストア」で2月2日から1か月間実施。「海猿」、「禍々しき獣の逝く果ては」、「あいこのまーちゃん」など42タイトル、合計131冊を各11円で販売したとのこと。
2月の売上総額は3億円を超え、各作家が受けるロイヤリティ額は、トップの佐藤さんが1億3388万円、2位が佐藤智美さんで1896万円だったそうだ。
佐藤さんは、1億3388万円と言う額について「1か月のロイヤリティ金額としては、控えめに言ってもこれまでの電子書籍の常識を打ち破る数字」とみているという。販売したタイトルは新作ではなかったが、「大幅な値引きを行ったうえで、取り扱い全作品を一気にセールに投入する」という作戦が功を奏し、大きな売り上げにつながったようだ。
参加した作家からは「紙の本ではほとんど利益を生まなかった作品が、電子書籍として売り上げを計上したことは新鮮な驚きでした。読みたい、買いたいと思っている読者に正規に届けられた、と言うことに電子書籍の役割、可能性を大いに感じています」と感想が寄せられたという。
佐藤さんは「この結果が全てのマンガ家にとって希望になることを願っています」とコメントしているという。
紙媒体が売れない現代、少し寂しい気もするが、電子書籍の方が需要があるのかもしれない。

公園を保育園に転用

東京杉並区は、待機児童を減らす目的で、区立公園の土地を保育園に転用する対策案を発表した。
区では、今年春の待機児童数が136人になっている。この人数は去年同時期の3倍を超えており、これからも増加することが見込まれる。そこで、保育施設を30ヶ所増やし、保育園全体の定員を2000人拡大するという緊急対策案をとった。
この対策の中には、区立公園を2ヶ所丸ごと保育園に転用するという計画が含まれる。
そのうち1つは保育園に隣接している区立公園で、区は公園の土地に新たに認可保育園を整備する方針だという。
公園に孫を連れて来ていた男性は「保育園も今、必要だからいいんじゃないですかね。ブランコがある公園はいっぱいあるから、ここでなければ、また違うところに行く」と話す。
一方、近隣の女性は「なくなるのは困る。何か災害が起きた場合、面積のある公園などがあるとすごく助かる」と話す。
他にも「小学生の遊ぶ場所がなくなる」など、公園をなくさないよう求める声を上げる住人も一部いる。
夕方は保育園児を室内で、小学生を外で遊ばせるなど両立していけないものだろうか。

イースターじわり拡大

ハロウィーンに続いて日本で今、「イースター」がじわりじわりと広まりはじめ、「卵型」商品が街にあふれている。
キリスト教にちなむ春の祝日「イースター」を商機につなげようと、食品メーカーなどが関連商品の発売やキャンペーンに取り組んでいる。少子高齢化で国内市場縮小が懸念される中、「ハロウィーンに続く商機に育てたい」と各社の鼻息は荒い。
欧米のイースターでは、生命の象徴とされる卵にちなんだ飾りつけをしたり、卵料理を食べたりするのが一般的だという。日本でも「卵」関連商品の発売が相次いでいるという。
各社がイースターに期待を寄せるのは、もともと日本でなじみの薄かったハロウィーンが一大イベントに成長したからだ。一般社団法人・日本記念日協会によるとハロウィーンの市場規模は2011年の560億円から15年は1220億円まで倍増したそうだ。イースターの市場規模はまだ小さいが、14年の190億円16年は300億円超に膨らむ見通しだという。
イースターとは、イエス・キリストが十字架にはりつけられて処刑され、3日目に「復活」したとされることを祝うキリスト教の重要な祝日。キリスト教圏ではイエス・キリストの誕生日であるクリスマスよりも大事なイベントだ。イースターを祝って学校が数週間休みになる国もあるそうだ。
イースターの日にちはクリスマスのように決まっておらず、春分の日を過ぎて最初の満月があった次の日曜日に祝う。今年は3月27日がイースターにあたる。欧米では生命の象徴としての卵や、子孫繁栄を象徴して多産のウサギをモチーフにして飾りつけを行う。ゆで卵を鮮やかに色づけした「イースターエッグ」を家に飾るほか、それを庭などに隠して探す「エッグハント」、割らないように注意しながら芝生の上を転がす「エッグロール」などで楽しむのが一般的だという。日本では、古くは森永製菓が1925年に卵型のチョコレートをキリスト教徒向けに販売した記録が残っているそうだ。
欧米文化が日本でも親しまれること自体は悪くないのだが、「お祭り」を「バカ騒ぎをしていい日」と誤解して迷惑行為に走るのだけはやめてもらいたいものだ。

またインドでゾウが大暴れ

インドでは、観光地などでゾウに載って遊覧するなど、ゾウでの観光業が盛んだ。一方、野生のゾウも多く、全てのゾウをコントロールするのは難しい。
今回大暴れしたゾウは、背中にゾウ使いを乗せたまま、バイクを鼻でつかんで投げ飛ばしたり、車を蹴り飛ばし、持ち上げ振り回したりするなどした。ゾウ使いがおとなしくさせようしても、全く言うことを聞かなかった。
このゾウは、車27台に体当たりするなど被害は大きかったが、怪我人はいなかった。
以前にも、野生のゾウが市街地に侵入し家や店などの建物を崩壊させ、町が大荒れした。
また、遊覧用のゾウが、背中に乗った客の父子を振り落とし、襲って父親を死亡させる事故があった。この時は、「暑さでイライラしていたのではないか」と仮説が立てられたが、今回のゾウは一体どうしたのか。
それにしてもバイクや車を投げ飛ばすなど、動物の力はすさまじいものがある。

KAT-TUN、3人でドームツアー

今年の3月22日にデビュー10周年を迎えるKAT-TUN。
亀梨和也、中丸雄一、上田竜也の3人で今年の4月から自身初めてとなる、3大ドーム公演を開催することが分かりました。
名古屋、大阪、東京を巡るドームツアーに合わせ、初のベストアルバムの発売も決定しました。
卒業時期を今春としていたメンバーの田口淳之介が3月いっぱいで卒業をし、ジャニーズ事務所を退所することも明らかになっています。
昨年の11月の田口卒業発表から約2カ月半。
新生KAT-TUNのお披露目の場は3大ドームになりそうです。
4月3日の初めてのナゴヤドームを皮切りに、4月20日の京セラドーム大阪、そして、4月30日、5月1日の東京ドームを巡る予定。
約20万人を動員します。
新制KAT-TUNの初ライブ、応援したいですね。

太陽系に「第9惑星」存在?

米カリフォルニア工科大学の研究チームは20日、太陽系の最外縁部に存在する未知の巨大惑星を発見した可能性があると発表したという。
チームが発表した声明によると、「プラネット・ナイン」の通称で呼ばれているこの天体は、地球の約10倍、冥王星の約5000倍の質量を持ち、「太陽系外縁部の異様な、非常に細長い軌道」をめぐっているそうだ。「この新惑星が太陽の周りの公転軌道を完全に1周するのには1万~2万年かかる」と推定されているという。
チームによると、この天体は数理モデルとコンピューターシミュレーションを通じて発見されたそうだ。この天体の重力は、太陽系外縁部の準惑星の動きや、海王星よりもさらに遠くにある「カイパー・ベルト」と呼ばれる領域の天体にも影響を与えているという。
直接の観測にはまだ至っていないそうだが、現在、米ハワイのW・M・ケック天文台にある口径10メートルの望遠鏡や、すばる望遠鏡などが観測を試みているとのこと。
カリフォルニア工科大学のマイク・ブラウン教授は「これは、本物の太陽系第9惑星とみられる」「太陽系のかなりの部分が未解明の状態。これは非常に胸を躍らせることだ」と語る。また同大学のコンスタンティン・バディギン助教は「過去150年以上の間で初めて、太陽系の惑星探査が不完全である確かな証拠が得られた」と話しているという。
これが本当に太陽系第9惑星だと認められれば、なんと名付けられるのだろうか?太陽系にはまだまだ未解明の事実があるのかもしれない。

「バイオハザード」撮影現場で死亡事故

映画「バイオハザード」シリーズの最新作にあたる「バイオハザードⅥ:ザ・ファイナル」。この南アフリカ・ケープタウンの撮影現場で、クルーのリカルド・コーネリアスさんが撮影用の車に押しつぶされて亡くなったと地元メディアが報じた。
リカルドさんは、他のクルーと共に台に載せたアメリカ軍のハマーを手作業で動かしていたところ、その台が傾き重い車の下敷きとなったという。すぐに病院に搬送され、生命維持装置に繋がれたが数時間後に死亡した。
リカルドさんの妻は、彼を雇っていた「オール・アクセス・クルー」は金銭的な援助はしてくれたものの、事故の真相について教えてくれないと語り、何が起きたのか知りたいと訴えているという。
同作は2017年1月に全世界で公開予定だ。しかし、9月初旬にもスタントウーマンのオリヴィア・ジャクソンさんが撮影中の事故で左腕を切断しており、今回で2度目の事故となってしまった。日本からもモデルのローラが出演するとして、注目が集まっている作品だ。これ以上なにも起こらないことを切に願う。

宇多田ヒカル、来春に活動再開

歌手の宇多田ヒカルさんが来春、約6年ぶりに音楽活動を再開することが12月7日わかりました。
2010年8月に「人間活動に専念しようと思います」という表現で、無期限活動休止を発表した宇多田ヒカルさん。
母で歌手の藤圭子さんの転落死、イタリア人男性との再婚、そして待望の第1子出産など波乱万丈の日々を経て、復帰を決意しました。
大型のタイアップも決まっており、華々しく再スタートを切るかたちになりそうです。
複数の関係者によりますと、宇多田は現在、海外で子育てと両立しながら新曲をレコーディング中とのこと。
出産のため、作業は一時中断していたものの、このほど本格的に再開をし、来春にアルバムを発売するめどが立ったといいます。

緑のスライムが大発生

世界で最も深い湖であるロシアのバイカル湖は、世界有数の手つかずの地として知られてきた。しかしここ数年、奇妙な緑のスライムが増えており、科学者らは汚染源探しに躍起になっている。
バイカル湖を10年以上研究している米ワシントン州立大学の湖沼生態学者であるステファニー・ハンプトン氏は、「(バイカル湖は)世界の美しい場所トップ5の1つに違いないが、最近の劇的なもの繁殖には注意が必要です」と述べている。
2011年以降、秋が来るたびに湖底にびっしり敷き詰められた繊維状の藻が、ロシアはじめ世界中の科学者によって観測されている。最新の研究により、この藻はアオミドロ属およびスティゲオクロニウム属に属することが分かっている。
この毛足の長い緑のじゅうたんは、複数のまちの湖畔近くのエリアに表れるため、人間による汚染が原因である可能性があるとハンプトン氏は指摘する。
原因は究明中だが、下水あるいは肥料として使われた動物の排泄物から栄養素が湖に流れ込んでいることが疑われている。とりわけ、酸素が多く栄養素が少ない湖にそれらの栄養素が加わると、藻の急成長をもたらす可能性があるという。
汚染源が特定できたら、影響が広がる前に速やかな対応をすべきとハンプトン氏。「幸いなことに、わたしたちは汚水の処理方法を知っています」と付け加えた。
バイカル湖は数百種の魚や無脊椎動物を含む固有種の宝庫である。また、気候変動による水温の上昇も懸念されている。このままでは「深くきれいなオアシス」の評判も終わる日は近い?

中国の人口、10年後にピークか

中国社会科学院人口労働経済研究所は、中国の総人口が2025年に約14億1000万人のピークを迎えて、その後は減少するとの見通しを明らかにしました。
2050年には現在の13億7000万人を下回る見込みとのことです。
中国は今月、共産党第18期中央委員会第5回総会を開きいて、来年からの次期5カ年計画を討議します。
これらの推計結果は計画策定に際して、考慮されるとみられています。
同研究所の張車偉所長によりますと、総人口は高齢化と低出生率のため、2050年には13億人程度に減少するといいます。
懸念される労働力人口の減少に関して、張氏は「適切な政策を取れば、少なくとも10年は中速度の経済成長を支えることができる」と述べました。