アラン・ポー

ポーの怪奇小説には、不気味なイラストがよく似合う。

黒猫、アッシャー家の崩壊、モルグ街の殺人などが代表作だが、モレラも怖くて良い。

ポー独自の視点というのがあり、ひたすらダークな中に実はユーモアもあったりする。

イマジネーションを掻き立てられる作家だ。

だからこそ、彼の作品を題材に音楽作品も沢山作られている。

そのポー自身も、謎の死を遂げている。