セールスマンの死

痛々しい程、悲しい戯曲だ。

60歳を超えたセールスマンのウィリー。

固定給がつかず、歩合のみでありながら成績が芳しくなく、借金もしている。

家族との不和も抱え、救いがない。

この様な状況は容易に考えられ、しかも抜け出す道がない。

いきつく所は一つしかなかった。

無念だけが残る話。