各区役所の英語力は?

とある週刊誌の記者が、都内区役所の英語力をひそかに調査した。
狙いは、東京五輪にむけて年間訪日外国人を増やすと政府が発表したことをうけて、英語でのおもてなしが可能か調べるためだそうだ。
方法は23区役所に電話をかけ、転入届の出し方をきくというもの。
すると、港区は最初から英語対応で外国人対応の部署までの電話転送も早かったという。世田谷区は、一言話すだけで英語が話せる職員につながった。新宿区は、マニュアルがあるような対応だった。
足立区・江戸川区では、英語が喋れたかは明記されていなかったが職員のおもてなしが良かったそうだ。
荒川区は英語で話しかけても日本語でしか返答がなかったという。
また、記者によると区役所のホームページの英語表記が自動翻訳でわかりにくいとのことだった。
あと4年でどこまで改善されるのだろう。