御園座

1895年、名古屋の財界有志により名古屋劇場株式会社が創立され、長谷川太兵衛が初代社長に着任した。長谷川は東京や京都などの劇場を回り、東京・明治座を手本とする劇場を建設。翌1896年6月19日、初代市川左團次一座の杮落としで開場した。

1935年には劇場が完成したが、名古屋大空襲で全焼。1947年に再建。しかし1961年の火災で再び焼失。再建後、御園座会館を完成させ、ボウリング場やビリヤード場を開設(1974年閉鎖)。地階には御園座演劇図書館があり、演劇に関する資料・書籍を所蔵している。