11円電子コミックで印税1.3億円

電子コミック販売サイト「マンガonWeb」や電子書籍取次サービス「電書バト」などを運営するマンガ家の佐藤秀峰さんは、2月に電書バトが実施した、電子コミック131冊を各11円で販売するセールの効果で、2月の売り上げ総額が3億円を超えたことを明らかにしたそうだ。
セールは「楽天Kobo電子書籍ストア」で2月2日から1か月間実施。「海猿」、「禍々しき獣の逝く果ては」、「あいこのまーちゃん」など42タイトル、合計131冊を各11円で販売したとのこと。
2月の売上総額は3億円を超え、各作家が受けるロイヤリティ額は、トップの佐藤さんが1億3388万円、2位が佐藤智美さんで1896万円だったそうだ。
佐藤さんは、1億3388万円と言う額について「1か月のロイヤリティ金額としては、控えめに言ってもこれまでの電子書籍の常識を打ち破る数字」とみているという。販売したタイトルは新作ではなかったが、「大幅な値引きを行ったうえで、取り扱い全作品を一気にセールに投入する」という作戦が功を奏し、大きな売り上げにつながったようだ。
参加した作家からは「紙の本ではほとんど利益を生まなかった作品が、電子書籍として売り上げを計上したことは新鮮な驚きでした。読みたい、買いたいと思っている読者に正規に届けられた、と言うことに電子書籍の役割、可能性を大いに感じています」と感想が寄せられたという。
佐藤さんは「この結果が全てのマンガ家にとって希望になることを願っています」とコメントしているという。
紙媒体が売れない現代、少し寂しい気もするが、電子書籍の方が需要があるのかもしれない。

公園を保育園に転用

東京杉並区は、待機児童を減らす目的で、区立公園の土地を保育園に転用する対策案を発表した。
区では、今年春の待機児童数が136人になっている。この人数は去年同時期の3倍を超えており、これからも増加することが見込まれる。そこで、保育施設を30ヶ所増やし、保育園全体の定員を2000人拡大するという緊急対策案をとった。
この対策の中には、区立公園を2ヶ所丸ごと保育園に転用するという計画が含まれる。
そのうち1つは保育園に隣接している区立公園で、区は公園の土地に新たに認可保育園を整備する方針だという。
公園に孫を連れて来ていた男性は「保育園も今、必要だからいいんじゃないですかね。ブランコがある公園はいっぱいあるから、ここでなければ、また違うところに行く」と話す。
一方、近隣の女性は「なくなるのは困る。何か災害が起きた場合、面積のある公園などがあるとすごく助かる」と話す。
他にも「小学生の遊ぶ場所がなくなる」など、公園をなくさないよう求める声を上げる住人も一部いる。
夕方は保育園児を室内で、小学生を外で遊ばせるなど両立していけないものだろうか。