太陽系に「第9惑星」存在?

米カリフォルニア工科大学の研究チームは20日、太陽系の最外縁部に存在する未知の巨大惑星を発見した可能性があると発表したという。
チームが発表した声明によると、「プラネット・ナイン」の通称で呼ばれているこの天体は、地球の約10倍、冥王星の約5000倍の質量を持ち、「太陽系外縁部の異様な、非常に細長い軌道」をめぐっているそうだ。「この新惑星が太陽の周りの公転軌道を完全に1周するのには1万~2万年かかる」と推定されているという。
チームによると、この天体は数理モデルとコンピューターシミュレーションを通じて発見されたそうだ。この天体の重力は、太陽系外縁部の準惑星の動きや、海王星よりもさらに遠くにある「カイパー・ベルト」と呼ばれる領域の天体にも影響を与えているという。
直接の観測にはまだ至っていないそうだが、現在、米ハワイのW・M・ケック天文台にある口径10メートルの望遠鏡や、すばる望遠鏡などが観測を試みているとのこと。
カリフォルニア工科大学のマイク・ブラウン教授は「これは、本物の太陽系第9惑星とみられる」「太陽系のかなりの部分が未解明の状態。これは非常に胸を躍らせることだ」と語る。また同大学のコンスタンティン・バディギン助教は「過去150年以上の間で初めて、太陽系の惑星探査が不完全である確かな証拠が得られた」と話しているという。
これが本当に太陽系第9惑星だと認められれば、なんと名付けられるのだろうか?太陽系にはまだまだ未解明の事実があるのかもしれない。