緑のスライムが大発生

世界で最も深い湖であるロシアのバイカル湖は、世界有数の手つかずの地として知られてきた。しかしここ数年、奇妙な緑のスライムが増えており、科学者らは汚染源探しに躍起になっている。
バイカル湖を10年以上研究している米ワシントン州立大学の湖沼生態学者であるステファニー・ハンプトン氏は、「(バイカル湖は)世界の美しい場所トップ5の1つに違いないが、最近の劇的なもの繁殖には注意が必要です」と述べている。
2011年以降、秋が来るたびに湖底にびっしり敷き詰められた繊維状の藻が、ロシアはじめ世界中の科学者によって観測されている。最新の研究により、この藻はアオミドロ属およびスティゲオクロニウム属に属することが分かっている。
この毛足の長い緑のじゅうたんは、複数のまちの湖畔近くのエリアに表れるため、人間による汚染が原因である可能性があるとハンプトン氏は指摘する。
原因は究明中だが、下水あるいは肥料として使われた動物の排泄物から栄養素が湖に流れ込んでいることが疑われている。とりわけ、酸素が多く栄養素が少ない湖にそれらの栄養素が加わると、藻の急成長をもたらす可能性があるという。
汚染源が特定できたら、影響が広がる前に速やかな対応をすべきとハンプトン氏。「幸いなことに、わたしたちは汚水の処理方法を知っています」と付け加えた。
バイカル湖は数百種の魚や無脊椎動物を含む固有種の宝庫である。また、気候変動による水温の上昇も懸念されている。このままでは「深くきれいなオアシス」の評判も終わる日は近い?