アナログレコード人気再び

CDの3~7倍の情報量で音質が良いハイレゾ対応のプレイヤーが続々登場し、音楽配信も歌謡曲など多ジャンルに広がっている。そんな中、アナログレコードの人気が復活し、昨年8月にはHMVがしう屋に専門店をオープンしたそうだ。アナログディスク生産数量をみると2009年に底を打ち、以後は増加しているとのこと。なぜアナログレコードの人気が高まっているのかと言うと、アーティスト側の音やジャケットへのこだわりと、こだわって聞きたい人の興味の両方が上がってきたからではないかということのようだ。今ではiPhoneなどの普及で常に音楽を聴くのが当たり前になっている。しかし身近になり過ぎて音楽が消費物になってしまったという側面もある。趣味的志向がある人にとって消費するだけの音楽は物足りない。音に興味がある人は違いが分かるのでいろんな音を聞きたいと思い、針を落とす度違う音になり、コンディションを整えることで変化し新しい音に出会えるアナログレコードが琴線に響いたようだ。また、国内外のアーティストもピクチャー仕様や凝った仕様のアナログ盤を出しているが、今はオーディオシステムを持っていない人が多いのでコレクターズアイテムになっている場合が多かった。ところが昨年ごろからスピーカー、USB端子が付いてPCやスマホにダウンロードできるオールインワンで1万円前後のレコードプレイヤーが販売され始めた。これがレコードを聴く大きなきっかけになっているようだ。レコードを聴くというのはデータやCDと違って早送りができない。一度針を落としたらA面を聴き終えるまで時間がかかる。だがそれがまたいいのだという。レコードを聴くということは、その時間の流れ方も含めて魅力なのだそうだ。便利になり過ぎて慌ただしい日常を送っている現代人にとっては、不便で時間がかかるレコードの音に耳を傾けるのは贅沢な時間なのかもしれない。